ADVENTURE ディーラーイベント紹介
TOP > ADVENTURE ディーラーイベント紹介

ADVENTURE ディーラーイベント紹介

「ADVENTUREプレミアム試乗会」 第2弾 モーターフィールドフロンティア

 

KTMが誇るトラベルツーリングモデル「ADVENTURE」には、4種類の兄弟モデルが揃っております。
プレミアム試乗会では、同モデルに興味を持つお客様を対象に比較試乗をしていただき、その違いを体感してもらおうというイベントです。その2回目となるモーターフィールドフロンティアでは、午前/午後に分かれ、高速道路から湖周辺のワインディングまで、じっくりと楽しんでいただきました。

バイクは、乗ってみないとわからないもの。では、ADVENTUREは?
その模様をお伝えしましょう。

■ADVENTUREコアディーラー
http://www.ktm-japan.co.jp/topic/1360

 

■開催日 
10/24 (土) 
 
■タイムスケジュール
【午前の部】   9:00-  車輌説明会
  10:00-  ご試乗開始
  12:00-  フロンティア帰着、試乗後歓談、随時解散
     
【午後の部】 13:00-  車輌説明会
  14:00-  ご試乗開始
  16:00- フロンティア帰着、試乗後歓談、随時解散
 
■試乗車輛
1290 SUPERADVENTURE、1190 ADVENTURE、1190 ADVENTURE LOW 、1190 ADVENTURE R、1050 ADVENTURE
 
■試乗客
全5名(午前1名、午後4名)
 
■スペシャルゲスト
吉友寿夫氏
 
・GARRRR誌にて、1190ADVENTUREを媒体に、ビッグオフの連載記事展開中
・ビッグオフの乗り方、扱い方を、各参加者の走りを観察しながら、要所でアドバイス
・ADVENTUREモデルならではの世界を、吉友氏の言葉で伝えていただく
 
■試乗ルート:
・フロンティア店頭(東京都町田市)~宮ケ瀬ダム周辺駐車場(神奈川県愛甲郡清川村)のに至る片道約50㎞を利用
・一般道、高速道路、ワインディングを織り交ぜたルート
・休憩地点の宮ケ瀬ダム周辺駐車場以外に、往/復路各1回、乗り換えタイミングを設け、各車試乗できるように配慮
   
■プレミアム試乗会の様子
吉友氏がポジションの重要さをレクチャー 高速道路にて、ADVENTURE編隊を連ねる
   
お気に入りはどれ? 比べて探る、贅沢なひととき どの車種のどんな機能がついている?
   
コーヒーブレイク中もADVENTURE談義に花が咲く 敢えて満足させない試乗会が購入意欲を刺激する!? 
   
   
■お客様による試乗ショートインプレ
     
 
桑原さま / BMW F650 所有
車種ごとに乗り味が違いおもしろい、オフ好きなので1190 ADVENTURE Rに注目している 
トランスポーターがないので、1台でいろいろこなしたい
メカノイズは、言われているほどうるさくなかった
他ライバル車では、ファン音が大きかったり、車格が大き過ぎたり…
  でもADVETNUREはその辺りも気にならなかった  
ただし、Rは熱が内足に当たる、できれば対策してほしい 
   
 
宮坂さま / 690 ENDURO R  所有
1290 SUPER ADVENTUREはハンドリングがやや重いが高速で本領発揮
舗装林道や3ケタ国道が好きで、軽いハンドリングが好み
640 ADVENTUREを9年、昨年690 ENDURO Rに、荒々しさがたのしい
1190と1050をもっと乗り比べたい、とくに1050が気になる
   
   
   
 
奥山さま / BMW F650  所有
身長があまり高くないため、シート高が低い車輌を考えています
でも、1190 ADVENTURE Rは視線が高く、カッチリした乗り味で気持ちいい 
Rはつま先立ちになるが、重すぎないので何とかなりそう 
軽いハンドリングの1050も気になる1台、やはり軽いのは安心
1050は左足がかなり熱かった、これはちょっと気になるポイント 
   
   
   
 
原田さま / 990 ADVENTURE R  所有
舗装路でのツーリングがメイン、オフはほとんどいきません 
1290 SUPER ADVENTUREがいい、重さはあるが走りだせば気にならなかった 
1190 ADVENTURE Rは重心が高いためが動きが軽い、これも好き 
1050 ADVENTUREは、動きが軽いけど自分にはアンダーパワー 
足下の熱さは1290はOKだが1190と1050は改善してほしい 
   
   
   
 
米田さま / 200 DUKE、ヤマハR6 所有  
身長が162cmのため、1190のローシャシー仕様がやはり安心できる 
1190 ADVENTUREはバンクさせている際に安定している、スポーティ 
2気筒の伸びがたのしい、マルチほどエンジンの重さも感じない 
熱はやはり気になった、またスクリーン折り返し部分が目線と被り見づらい 
1290 SUPER DUKE Rにもかなり惹かれている 
   
   
   
     
■フロンティア  水出氏
 

 午前/午後合わせて5名ほどの参加でしたが、幸いにしてお客様には大変好評で、「同車種を複数でショートツーリング」というパッケージは、ADVENTUREの魅力をじっくり伝える上では、有効だったように思えます。
 コーヒーブレイク込みで3時間近くの試乗ですから、皆でツーリングをしてきた状況で、見知らぬ客同志でも終了時点ではいろいろ会話が弾んでおり、そういう意味でも楽しんでいただけたのではないでしょうか?
 また今回、KTM Japan さんが特別ゲストとして吉友さんを呼んでくれ、大型バイクの扱い方指南を受けることができました。これもお客様にとっては新鮮だったと思います。可能であればまた開催したいイベントですね。


■モーターフィールドフロンティア

http://www.mff-frontier.org/